news

2019/06/15 11:38

明石・子午線上の出版社ペンコムなので、時の記念日にどん!

6/10は「時の記念日」

明石では、「子午線のまち明石」をキーワードに、明石の元気を全国に発信する有志の団体「明石・時感動推進会議」が中心となって、時のおまつり「時のウイーク」を開催中です。

明日、6/16(日)はメインデー。明石公園で、ほっこり楽しいイベントが盛大に開催されます。

ということで、東経135度 子午線上の出版社ペンコムから『あかし本  時のまちを創る 海のまちに生きる』をご紹介。第1章の「時のまちを創る」編を無料公開します!! 6/16までの限定公開だよ。

「時」って知らないことばかり

Q)突然すみません。そもそも、「時の記念日」ってなに?

ペンコム)ま、多くの人は「時」のこと、はじめから???ですよね。
とっても身近な「時間」のこと、実は知らないことばかり。

Q)そうそう。そもそも、なぜ、明石が「時のまち」で有名なの?
子午線上の町は、明石だけじゃないんだよ。

ペンコム)ナイス! まさに聞いてほしかったところ!
そこにはね、先人の泣けるような、「侠気」があったんだよ ウルウル
ほかにも、あの一万円札の人、渋沢栄一と、時の記念日にはふかーい関係があって、博覧会を行って、時間を守りましょうと啓発したんだ。「時」が日本の経済を支えた。

Q)へえええ〜
ペンコム)そうそう。この本の原案は神戸新聞の連載なんだけど、連載中に大発見もあったんだよ。

1920年に大阪で開かれた「時博覧会」で公募された歌詞「尊い寶」と楽譜がみつかってね、中学校の音楽の先生にピアノで演奏してもらって、明石市立天文科学館で再現したんだよ。

Q)知らないことばかり!

ペンコム)そうでしょ!

だから読んでね、『あかし本』
「明石愛」がぎゅっとつまってまっせ。
↓↓↓まずは、著者・金山ちゃんのあつーい、メッセージをどぞ!

すべては熱さに触れたことから始まった。

2014年5月、「時」や「子午線」について熱弁を振るう明石市立天文科学館の学芸員に惹かれた。目に見えないものなのに、そんなに意義深く、多面性のある存在なのかと興味が沸いた。「時の記念日(6月10日)に合わせて、子午線の連載をやります」とその場で宣言した。子午線が魅力的な人や楽しい出来事をたくさん引き寄せてくれた。

2016年1月1日、海の連載を開始した。「海」や「魚」についてぶつかり合いながら議論する漁師たちに惚れ、「その思い、多くの人に伝えなあかんと思います。私に書かせてください」と直訴した。明石らしい素材を軸に、漁業だけでなく流通や調理、教育、環境なども意識してまとめた。1年かけ、最後は組合長の座談会で締めた。

明石を象徴する「時」と「海」を追うことは、まちの魅力を感じていくことでもあった。自然とどんどん好きになっていき、誇るような気持ちを抱くようになった。

2013年3月から2017年2月まで4年間、神戸新聞明石総局に在籍した。その間に手がけた「トキのまち明石から」「ウミのまち明石から」の連載2シリーズと、凧を揚げて撮影した写真を載せた月1連載「バードアイ空遊記」が、書籍になる機会をいただいた。

あらためて読み返してみると、出会った方々の姿、言葉、風景、たくさんの出来事が思い浮かんでくる。皆様のおかげで連載を書き上げることができたこと、この場を借りて深く御礼申し上げたい。

この本には、「明石愛」が詰まっている。愛の証(あかし)、一人でも、少しでも、分かち合えたら幸いだ。

2017年6月
神戸新聞記者 金山成美

『あかし本』 時のまちを創る・編 「時の記念日」(6/10)に合わせて無料公開。6/16まで

下記をクリックしてご覧ください。

『あかし本 時のまちを創る 海のまちに生きる』時のまちを創る・編 無料公開ページ


ペンコムのページはこちら