1/12

今日の向こうは〜きょうだいが語るきょうだいの精神疾患と私の人生

¥1,650 税込

SOLD OUT

予約商品

発送予定:2024年6月12日 から順次発送

この商品は送料無料です。

商品をアプリでお気に入り

いま、困難の中にいる精神疾患の当事者をきょうだいにもつ、兄弟姉妹のみなさんへ

この本でいう「きょうだい」とは、精神疾患の当事者をきょうだいにもつ、兄弟姉妹(以下、きょうだい)の方々です。
当事者を近くで支えているのは、親ときょうだいですが、これまで、きょうだいについて語られることは多くはありませんでした。
本書では、4人の執筆者(20〜40歳代)が、幼少期から書き起こし、きょうだいの発症と、その後の家族の状況、自身の気持ち、成人となった現在のきょうだい、家族のようす、就職、 結婚、出産などライフステージの変化に至るまで、きょうだいの目線で、人生の体験をありのままに書いています。
そして、4人の体験談をもとに、精神障がい者の家族支援が専門の横浜創英大学 横山恵子教授が、「きょうだいがきょうだいでいられるための家族支援」について解説しています。

横山教授は「考察」の中で、「精神疾患の発症は想像以上に早く、その半数は10代半ば(14歳)までに発症しており、4分の3が20代半ばまでに発症すると言われ、児童、生徒、学生の年齢でその多くが発症している。きょうだいは年が近いことも多く、発症したきょうだいから長期にわたって影響を受けることになる」と、「きょうだい」への影響や特徴を分析した上で、具体的にどの様な支援が求められているかを解説しています。
「はじめに」より
きょうだいはたくさんいて、親の陰で、小さい時から苦労しています。
ぜひ、きょうだいの困難や特徴、きょうだいや家族に寄せる優しい思い、同時に、たくましい力を知っていただきたいと思います。
親、きょうだい、配偶者、子どもなど、さまざまな立場の方々に、きょうだいを理解していただくと共に、身近なきょうだいのサポートの参考になればと思います。
また、きょうだいに関わる支援者の方々に読んでいただき、支援に役立てていただきたいと思っています。
そして何より、きょうだいに読んでいただき、ちょっと立ち止まり、これからの自分の人生の歩み方について考える機会になってもらえればうれしいと思っています。
皆さまのお役に立つことを、執筆者一同、心より願っております。(横山恵子)
「みんなねっとライブラリー」No.5 公社 全国精神保健福祉会連合会(みんなねっと)監修

きょうだいが語る きょうだいの精神疾患と私の人生

『今日の向こうは』きょうだいが語るきょうだいの精神疾患と私の人生
第1章 きょうだいの語り
そのとき、それまで、そして自分の未来

体験1 ● 仲田海人(執筆時20代、弟の立場)
きょうだいは親代わりではない
焦りを伴う先送りできない問題

体験2 ● やじろべえ(執筆時40代、姉の立場)
思春期のこころの問題を置き去りにしないために。
きょうだい、家族、支援者に伝えたいこと

体験3 ● 南の島のきょうだい(執筆時20代 妹の立場)
自分自身や家族の中に病気に対する偏見がなければ、
姉の病気の悪化を防げたかもしれない

体験4 ● 木村諭志(執筆時30代、弟の立場)
周りの助けを借りて「自分の人生」を考えられた時
未来をつかんで歩んでいける力になった

第2章 考察
きょうだいが語るきょうだいの精神疾患と私の人生
横山恵子(横浜創英大学 教授)
「きょうだいがきょうだいでいられるための家族支援を」
1.きょうだいの精神的不調を真っ先に感じるきょうだい
2.同世代を生きるきょうだいへの影響
3.精神障がい者のきょうだいのグループ
4.きょうだいのピアサポート「家族による家族学習会」
5.まとめ:きょうだいがきょうだいでいられるための家族支援

本書はこんな方におすすめです

1.きょうだいは……
・現在、つらい状況にあるきょうだいが、「精神疾患のあるきょうだいの特徴」を知ることができます。
・現在の自分の状況をあたりまえにせず、あきらめることなく、違った選択肢を知ることができます。
・家族の状況を自分自身で変えることができること、自分の人生を生きて良いことを知り、将来に希望をもてます。
2.家族は……
・「きょうだい」とどのように関わったらいいのかが理解できます。
3.支援者は……
・「きょうだい」の経験を理解し、安易にキーマンとしてきょうだいに頼らない支援を考えられるようになります。
・家族全体をまるごと支援する積極的な姿勢をもてます。
・専門的知識の常識を覆す体験的知識を知ることができます。

著者

著者・横山恵子(よこやまけいこ)

横浜創英大学 看護学部 精神看護学 教授/看護師。
埼玉県立がんセンター、埼玉県立北高等看護学院、埼玉県立精神保健総合センター(現、県立精神医療センター)準備室を経て、看護師長として勤務。急性期病棟にて精神科看護を経験。その後、埼玉県立大学短期大学部看護学科講師、埼玉県立大学准教授から埼玉県立大学保健医療福祉学部看護学科・大学院保健医療福祉学研究科/教授/看護師。その間、日本社会事業大学社会福祉学研究科博士前期課程、東京女子医科大学大学院看護学研究科博士後期課程修了。
主な研究テーマは、精神障がい者の家族支援・家族会活動・アウトリーチサービス・看護師のキャリア支援。

基本情報

・書名:今日の向こうは きょうだいが語るきょうだいの精神疾患と私の人生
・著者:横山恵子、仲田海人、やじろべえ、南の島のきょうだい、木村諭志
・発売日:2024年6月12日
・価格: 1,650円(本体1,500円+税10%)
・判型 四六判(横127mm×縦188mm×厚さ10mm)
・ページ数 218ページ
・ISBN:978-4-295-40992-2
・Cコード:C0036
・発行:株式会社ペンコム
・発売:株式会社インプレス

  • レビュー

    (0)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥1,650 税込

SOLD OUT

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      セール中の商品
        その他の商品